株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス様

約600店舗のレストランを展開する、株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス様。コンセプトは、名前の通り、「マルチブランド・マルチロケーション戦略」。顧客ニーズやトレンドが刻一刻変化する中、新しいレストランをつくり続け、成長を続けられています。
カジュアルなフードコートからファインダイニングまで、様々な業態の店舗を運営されていく中で大切なのは、常に変化に柔軟に対応していけること。メディアミックスのPOSシステム「PhilosophyX」は、フレキシブルな設定を可能とし、運用にぴったり合った機能を御提供することで、それぞれの店舗オペレーションを支えています。

導入の背景

経営企画チーム 兼 内部統制システム推進室 システム担当 越谷氏

越谷氏

POS選定にあたって重視した点はいくつかありますが、まず店舗が使いやすいこと、というところがポイントでした。POSは間違いなく、店舗の中で一番使用頻度の高いITソリューションです。そのPOSシステムがスムースに稼働することで、店舗業務の大幅な軽減が見込めるからです。
当社店舗は単一業態ではありません。ですから、すべての業務のオペレーションに適したPOSである必要があります。また、POSのメニュー設定及びボタン配置を店舗で行っているため、その操作が簡単に行えることが重要でした。

POSを導入してしばらくしてから、POS導入時に店舗で行うトレーニング時間が短縮されていることに気づきました。レジの操作をしたことがない人でも、「PhilosophyX」の場合、操作に慣れるのが早いのです。また、メニューボタンの大きさや色が店舗で簡単に変更でき、見やすく設定できることで、結果としてミスが大幅に減りました。
また、先ほど、メニューボタンの変更の話をしましたが、POS画面のメニューボタンが非常に簡単に設定できるようになっています。どのくらい簡単かというと、マニュアルを見なくても誰でも設定できるレベルです。マウス操作さえできれば、ドラッグ&ドロップで簡単にボタンの割り付けができるのです。

また、店舗のみならず、本部の業務の軽減というのも大きなテーマでした。
本部側で店舗のPOSデータが常にリアルタイムで確認できるので、導入後は監査が効率よく行えるようになりました。また、店舗で設定できる部分、できない項目がきちんとコントロールできるので、店舗のオペレーション効率は尊重しながら、本部で必要なデータが間違いなく取得できるようになっています。

写真1

加えて、この「PhilosophyX」というシステム全体のコンセプトには、非常に共感しています。
「PhilosophyX」はあくまでもソフトウエアなので、各社のハードウエアに搭載することが可能です。従来のPOSレジは、選択するハードウエアによって、ソフトウエアが限定されることがほとんどでした。カスタマイズ対応などをした場合でも、ハードウエアが寿命を迎えれば、そのソフトウエアは捨てるしかなかったわけです。
しかし例えば、マイクロソフトのオフィス製品などを考えてみればすぐ分かるのですが、パソコン(=ハードウエア)を買い替えたとしても、オフィス(=ソフトウエア)はそのまま使えるんですね。POSシステムもそうあるべきだと思いました。だから、比較的自由にハードウエアが選択できる「PhilosophyX」は理想に近いと思っています。自由な組み合わせで、廉価な機器の選択ができるし、ハードウエアに縛られない多様な対応ができるからです。

導入効果

店舗オペレーションの向上

本部管理業務の効率化

システム面での改善

構成図

構成図

お客様プロフィール

企業名 株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス
主要店舗名 雛鮨、香港蒸籠、portofino、デザート王国、太陽のごちそう など
URL http://www.createrestaurants.com

導入実績

ページの先頭へ戻る